変極店(格闘技・本紹介・お笑い・勇気の出る名言・釣等取扱店)

明日にはクビになりそうなどん底ADHD式アル中サラリーマンの変極、いざ!

マイク・タイソン戦記No.3「谷川Pとは」

 

前回までのあらすじ

 

マイクタイソン戦記No.1プロローグ

ヒクソン、タイソン、猪木、カレリン、塩田、木村、倍達、千代の富士、シカティック、ジョシュら、伝説の格闘家集結!!」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/12/093159

 

マイクタイソン戦記No.2「猪木&タイソンvsK‐1JAPAN勢の激突」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/12/094424

 

マイク・タイソン戦記

No.3「谷川、立つ!!」

 

「くっくっくっ、お呼びですかな?」

そう言った男は、他でもないダニガワであった。

 

「そんなとこにいやがったか・・」

 

「一体どういうつもりですか。いきなりリングに乱入し、トーナメント出場者を皆殺しにするなんて。いくらあなた方でも許しがたい行為ですよ。

イノキさん、そしてタイソンさん」

 

「!!・・・・へっ、気づいてたか」

黒人はそう言うと、覆面をとった。顎長もそれにつづく。

どわあああああああああああああああああああ!!!!

その瞬間会場は大歓声が響き渡る。半ば伝説と化しつつあるタイソンとイノキがリング上にいるのだ。当然といえば当然のことだ。

 

みやけんアナ「なんとおおおおおおおおお!!!史上最強ボクサータイソンと燃える闘魂イノキがKのリングに登場だああああああああ!!!!」

 

イーノキ!!イーノキ!!

ターイソン!!ターイソン!!

 

 

もう観客は先ほどのJAPAN勢の死などまったく覚えていない。ファンとは残酷なものだ。

 

タイソン「よく正体がわかったな。」

 

ダニガワ「そりゃわかりますよ。JAPAN勢をジャブだけで葬ることができる格闘家なんて

モハメド・アリかあなたくらいのものでしょう。ところで、何の用ですか?K-1 GP開幕戦に出たいのなら見当しますけど・・。しかし、皆殺しはいただけませんね。まあ、私もいつまでたっても世界の壁を越えられないJAPAN勢に、いいかげん嫌気がさしていたので、皆殺しにしていただいたことを、むしろ感謝したいくらなのですが。」

 

イノキ「下衆が・・。てめえ、ファイターの命を何だと思ってやがる!

やっぱり貴様はK-1に・・いや、格闘技界全体にとって有害だ。よって始末する。

大人しく捕縛されな」

 

ダニガワ「だまらっしゃい!!私はK-1を世に知らしめるために、やるべきことをやったまでだ!だのに何故?何故始末されなければならないんだ!!曙VSサップがどれほどの視聴率をとったと思ってるんだ!?」

 

タイソン「うるせー!!てめえが曙やら角田やらビーンを試合に出すせいで、真の実力者が活躍の場をうばわれてんだ。そして、昔ながらのK-1ファンを失意のどん底に叩き落した。挙句の果てには総合まで始めやがって。選手が分散して見たいカードが見れなくなったじゃねえか。オレはシウバVSバンナ、KIDVS五味とか見たいんだよ!!!どうしてくれるんだ!!それだけじゃねえ。ほかにもヤオ判定や反則攻撃の横行。あげればキリがないぜ。よって死刑!!!」

 

ダニガワ「バカどもめが!!よくも私をこけにしたな!!!もう生きてこのリングから出られると思うなよ!!野郎どもであえー!!」

 

タイソン「!?」

 

ぷしゅううううううううううう

青コーナーの入場ゲートが開いた。そこから現れたのは曙(第六十四代横綱)、キモ(金網の怪人)、モンターニャ(アマゾンが生んだ大巨人)であった。

彼らは通称“谷川モンスター軍”とよばれるダニガワの親衛隊である。

 

ダニガワ「うははは!!!びびったか!?たじろいだか!?

さあモンスター軍よ、あの無法者どもを血祭りに上げるのじゃ!!!」

 

みやけん「さあ、谷川モンスター軍リングインです!!一体どうなる今年のJAPAN GP!!」

 

次回 タイソンvs曙!!ボクシング3団体統一世界王者vs第64代横綱の死闘!!!

f:id:akigawaryuu:20170319151205p:plainf:id:akigawaryuu:20170319151219p:plainf:id:akigawaryuu:20170319151240p:plain