変極店(格闘技・本紹介・お笑い・勇気の出る名言・釣等取扱店)

明日にはクビになりそうなどん底ADHD式アル中サラリーマンの変極、いざ!

マイクタイソンvs曙

前回のあらすじ

No.4「出撃!谷川モンスター軍!!」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/26/125241

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マイク・タイソン戦記

No.5「タイソンの脅威」

 

タイソンの左ボディが曙の腹にぶちこまれた。

「へへっ、一度この腹に思いっきりぶち込んでみたかったんだ。」

 

曙「ニヤッ・・すごいパンチだが内臓まで届かなければ意味がないな、うん」

 

タイソン「なんだと!?・・・ん?・・・・抜けない!?なんだこりゃ!?」

 

「ぶひひ、おめでたいやつめ。」

ぐにゅう

「な・・なんだあ!?う・・腕が腹に吸い込まれていく!?・・どうなってんだおい!?・」

「俺は腹の脂肪を自在に操作することができるのでごわす。」

タイソンの動きが封じられたのと同時に、モンターニャとキモが動きだす。

 

「へえ、小型ミサイルほどの威力があるタイソンのボディブローを生身で受け切るなんて・・、かなり鍛えられた格闘家だ。やるなあいつら。

おーい、タイソンさん!手伝おうか?」

後ろで腕を組みながら観戦していたイノキが、ニヤニヤしながら言った。もちろん手伝う気などさらさらない。

「うるせー!余計なお世話だ!!」

しかし、そう言っている間にも、どんどん腕は腹にめり込んでゆき、モンターニャ&キモもジリジリ間合いを詰めてきてる。

「ぶひひひ、もう逃げられないぜ!さあ選びな。俺の腹に取り込まれて圧死するか!?それとも外で二人に殺されるか!?」

キモとモンターニャもタイソンにとびかかる

 

f:id:akigawaryuu:20170402185747j:plain

 

ブチッ    タイソンがキレた!

「バカが!!逃げられねーのはてめぇだー!!」

「!?」

バゴッ!!!!!!!

タイソン渾身の右ストレートが曙の顔面をとらえる!!!!

「ぶひょおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

ドドオん!!

曙は例によってカエルのように倒れた。もちろん、腹はダルンダルンに揺れた。

 

f:id:akigawaryuu:20170402185900p:plain

 

谷川「ああ効いた」

 

みやけん「相変わらずすげー威力だな。タイソンの右ストレート」

 

タイソン「へっ、あっけねえな」

 

次回、「タイソンvsキモ(金網の怪人)&モンターニャシウバ(身長225cmの代巨人の異種格闘技戦!!」