読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変極店(格闘技・本紹介・お笑い・勇気の出る名言・釣等取扱店)

明日にはクビになりそうなどん底ADHD式アル中サラリーマンの変極、いざ!

マイクタイソン戦記 No.6「タイソンvs金網の怪人&225cmの大巨人」

 

マイク・タイソン戦記

No.6「タイソンの脅威②」

 

 

「さあ次は誰が死ぬ?」

 

曙をKOし、得意気なタイソン。挑発的な目でモンターニャとキモを見下す。

キモ「曙を倒したくらいで調子にのるなよ。あいつは視聴率が取れるから試合に出させてもらっていただけだ!」

キモがタックルを仕掛ける。グランドに持ち込みさえすれば、タイソンのパンチ力は半減すると思ったのだろう。が、しかし!

 

バクッ!!

f:id:akigawaryuu:20170416214440j:plain

 

一瞬の出来事であった。なんとタイソンはタックルを仕掛けてきたキモを受け止め、、すぐさまキモの頭右半分を、噛みちぎってしまったのだ。ホリフィールドとの試合で、耳を噛みちぎって反則負けを喫したことがあるタイソンだが、いやはや頭までいってしまうとは、さすがは史上最強のボクサーといったところか。もちろんキモは即死である。

 

バリボリバリボリ

キモの頭を噛み砕くタイソン。

「不味いな。キモは美味と相場が決まっているもんだが・・・。さてと

残りはてめえ一人だな。覚悟はできてるんだろうなデクぼうず。てめえが武蔵戦でしでかした乱闘、まだおぼえてるぞ。あの事件以来K-1のサーカス化が一気に進んじまったんだ。この罪は重いぞ!!わかっているのかこのアナコンダ野郎!!」

 

モンターニャ「ひっ・・・・」

 

ズチャ  ズチャ

ゆっくりとモンターニャのほうへ歩を進めるタイソン。恐ろしいまでの気迫に思わず後ずさってしまうモンターニャ

(う・・・来るか!?だがこの身長差なら、奴のパンチは俺の頭までは届かないな!!まして、噛み付くことなど絶対不可能だな!!うん)

「行くぜ!!!」

タイソンが一気に間合いをつめる!!

「な・・何がくる!?ストレートか!?アッパーか!?いや・・キモの頭蓋骨か!!」

ボン!!

f:id:akigawaryuu:20170416214529p:plain

 

「ぐわおおおおおおおおおおおおお!!!!」

タイソンの口から吹き放たれたキモの頭蓋骨が、モンターニャの頭部を貫いた。モンターニャもとっさに手でガードしたが、それもろとも打ち抜かれてしまったのだ。

タイソン「飛び道具なら身長差は関係ねえだろう」

 

グラッ・・・ドッシャアアアアア!!!

巨人倒れる!!!!

 

観衆「わあああああああああああああ!!!!」

観客A「すげえや、やっぱりタイソンは世界最強だ!!」

観客B「ボクシングこそ最強の格闘技なんだ!!」

 

噂に違わぬタイソンの圧倒的な実力に、観客はもう夢見心地だ。

 

タイソン「さて、これで邪魔ものは片付いたな」

谷川「・・・・」

RIZIN SAKURA 感想

浅倉はもう少し美人だったら華あるのにな

女子高校生ファイターだからストⅡのさくらみたいなの期待してたのに

少しババァ入ってるじゃねえか

 

キングレイナは面白かったけど

あのブサイクのケツ見せられて一般層はなびくのかな

 

那須川天心はいうことなし。もうやりたい放題だな

そろそろMMAの本格派と当ててほしいな

 

堀口はさすがの一言

MMAであれだけ思う存分自分の間合いで打撃打ちまくってるやつ久々に見た。

高阪も言ってたけど桁違いだな

あの空間の縮め方は凄い

元谷も一本とられなかったのは意地を見せたな

いいせめぎ合いだった。今回唯一PRIDEの緊張感感じたのはこの試合だった

元谷のとび蹴りからの相手のカウンターに合わせたタックルは見事だったよ

リスク背負ったのにな

それでも通用しないところがUFCトップクラスの凄さなんだろうな

 

どうでもいいけど

スニッカーズの貞子のcmはセンスあるなと思ったな

 

RENAは見た目が一瞬劣化してると思ったけど

勝ったあとは戻ったな。やっぱり華がある

 

石井は今のヒース相手なら一本とらないかんかったな

ま、エスケープうまい選手だから仕方ないんだろうけど

 

 

今回は60点。

開催日か放送時間考えろよ。立木が命なんだからさ。

同じミスするなボケ

ナレーションも立木が無理なら若本とか子安(ギンガナム)とかいくらでも声優はいるだろう。大塚でもいいし、玄田でもいいし

本当にセンスがない。NICOって誰だよ。情けない

 

あとアナウンサーに三宅アナウンサーいれろ。

矢野はまだまだ役不足

解説は高阪でいい

藤井恵の声は妙に浮いてた。格闘技の実績は認めるがな

迫力をそぐ

 

この放送で次回も見たいと思った一般層はいるだろうか

アミールアリアックバリの試合も流せや

短期決着だったんだからさ

前回の大会から一転

少し後退したな

こんな放送してたら今年の大晦日危ないよ

 

 

 

マイクタイソンvs曙

前回のあらすじ

No.4「出撃!谷川モンスター軍!!」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/26/125241

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マイク・タイソン戦記

No.5「タイソンの脅威」

 

タイソンの左ボディが曙の腹にぶちこまれた。

「へへっ、一度この腹に思いっきりぶち込んでみたかったんだ。」

 

曙「ニヤッ・・すごいパンチだが内臓まで届かなければ意味がないな、うん」

 

タイソン「なんだと!?・・・ん?・・・・抜けない!?なんだこりゃ!?」

 

「ぶひひ、おめでたいやつめ。」

ぐにゅう

「な・・なんだあ!?う・・腕が腹に吸い込まれていく!?・・どうなってんだおい!?・」

「俺は腹の脂肪を自在に操作することができるのでごわす。」

タイソンの動きが封じられたのと同時に、モンターニャとキモが動きだす。

 

「へえ、小型ミサイルほどの威力があるタイソンのボディブローを生身で受け切るなんて・・、かなり鍛えられた格闘家だ。やるなあいつら。

おーい、タイソンさん!手伝おうか?」

後ろで腕を組みながら観戦していたイノキが、ニヤニヤしながら言った。もちろん手伝う気などさらさらない。

「うるせー!余計なお世話だ!!」

しかし、そう言っている間にも、どんどん腕は腹にめり込んでゆき、モンターニャ&キモもジリジリ間合いを詰めてきてる。

「ぶひひひ、もう逃げられないぜ!さあ選びな。俺の腹に取り込まれて圧死するか!?それとも外で二人に殺されるか!?」

キモとモンターニャもタイソンにとびかかる

 

f:id:akigawaryuu:20170402185747j:plain

 

ブチッ    タイソンがキレた!

「バカが!!逃げられねーのはてめぇだー!!」

「!?」

バゴッ!!!!!!!

タイソン渾身の右ストレートが曙の顔面をとらえる!!!!

「ぶひょおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

ドドオん!!

曙は例によってカエルのように倒れた。もちろん、腹はダルンダルンに揺れた。

 

f:id:akigawaryuu:20170402185900p:plain

 

谷川「ああ効いた」

 

みやけん「相変わらずすげー威力だな。タイソンの右ストレート」

 

タイソン「へっ、あっけねえな」

 

次回、「タイソンvsキモ(金網の怪人)&モンターニャシウバ(身長225cmの代巨人の異種格闘技戦!!」

一蓮家というラーメン屋 おしい!

f:id:akigawaryuu:20170326193959j:plain

大阪の「一蓮家」っていうラーメン屋行った。横浜系とんこつしょうゆラーメン。

65点。

スープよし、具材よし、麺悪しって感じ

麺がな~、俺太麺好きで、ここのも太かったけど

ただ、太いだけって感じだった。はごたえとか、つるつるとしたのどこしとか、もう一歩が足りなかったな。もう少しで合格ラインの70点だったのに。惜しいラーメン。

 

あと従業員ね。

店の従業員とか全員で気合入れてしっかり大きな声出ししてて、いい感じだなと思った一方でそんなところにそこまで注力されてもな、、、という気もしたな。正直。

ご飯無料サービスとか。汁呑み切ったらスタンプとか、いろいろ工夫してたけど

オープンしたてで、あの立地で2時であの客入りではな、少し不安。

でも、もう何だかんだでもう一回行きたいなとは思う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やっぱりラーメンは東京が絶対うまい。底面積が違うもの。とにかく東京はラーメン店が多すぎる。

日本とメキシコのボクサー人口、日本とアメリカの野球人口くらい層が違うんじゃないか。東京の人ってなんであそこまでラーメン好きなんだろう。平気で並ぶし。

とにかくラーメン店が多すぎる。秋川のような東京で田舎の方の小さな店でも、とんでもなくうまい店がひっそりとやってるからね。

まあ、大阪と東京のラーメン屋、トップクラス集めてチーム対抗戦すればはいい勝負すると思うよ。日米野球と同じで大阪(日本)が東京(アメリカ)にボロ負けはしないだろうけど、やっぱり層が違いすぎるな思うね。大阪でラーメン食ってるとつくづくそう思う。なかなか大阪ではおいしいラーメンに出会えん

 

 

 

本感想② 「また同じ夢を見ていた」  作:住野よる

f:id:akigawaryuu:20170326192255j:plain

☆7つ。

前作の「君の膵臓~」が凄まじ過ぎたから、今作は期待もありの状況でハードルが乱高下した中で読んだが、悪くなかったな。

この作品で言いたかったであろう事はしっかり染みた。

ただ、夢の話なんで全体的にテンポとかノリがふわふわしてて蛇足も多かった気がする

大喜利はこの作者が得意なんだろうけど、あまり効果なかったな。なんか主人公が言ってるのではなく、作者が言ってるような気がした。なんか余計だった。

 

この作品で一番印象に残ったのは

万引きをして捕まった主人公の友人の父話だな。「永遠と続く日常を断ち切りたくて万引きをした」っていうのが、なんかやたら印象に残ったわ。

 

 

 

 

 

白いしるし 西 加奈子 感想

 

f:id:akigawaryuu:20170326190747j:plain

そういえば久しぶりに小説読んだ。 ☆6.5つ。

「アラサーの売れない失恋女絵描きが、ある絵を見てその作者に恋する」という帯に惹かれて読んだがあんまりだったな。

分かりやすい文体で、思いっきり恋に落ちた女性の激情がよく描かれてるのは感じたけど、、、、

好みの問題だろうな。あと女性の方がこの手の作品は受けると思ったね

悪くない作品だけど、クリティカルヒットには遠かったな

 

 

全盛期のタイソンと曙が激突!!

 

前回までのあらすじ

 

マイクタイソン戦記No.1プロローグ

ヒクソン、タイソン、猪木、カレリン、塩田、木村、倍達、千代の富士、シカティック、ジョシュら、伝説の格闘家集結!!」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/12/093159

 

マイクタイソン戦記No.2「猪木&タイソンvsK‐1JAPAN勢の激突」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/12/094424

 

マイクタイソン戦記No.3「谷川の野望」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/19/150231

 ---------------------------------------

 

マイク・タイソン戦記

No.4「出撃!谷川モンスター軍!!」

 

ザッ

谷川モンスター軍がリングにたつ。

 曙(第64代横綱)、モンターニャシウバ(身長225cm、アマゾンの大巨人)、キモ(金網の怪人)

 

 

「あ・・曙さん、すまねえ」

すでに虫の息のレフリーカクダが、すがるような目で謝る。

「何を言ってるんでごわす。あなたはよくがんばりましたよ。お礼にこの技をくらわしてあげますたい。」

「お、おい!そのかまえは・・よせ・・頼む・・やめねえか、このブタヤロー!!」

「どすこーい!!!!ふぁ!ふぁ!ふぁ!ふぁ!ふぁ!ふぁ!」

バチィ!スパァン!バチン!パァン!ドパァッ!

曙の百烈張り手が、角田を襲う!

「うぎゃああああああああああ!!!」

滅多打ちにされ、もうぐうの音も出ないカクダ。

非常に危険な状態だ。しかし、それでも彼は決して死なない。カクダ44歳 つくづくタフな男である。願わくばその根性を、K-1からひいき判定をなくすために使ってほしかった。

曙「ちっ、まだ生きてやがる。まあいい。オレはスタミナがないんだ。こんな死にぞこないに張り手をかましてる余裕はない。さてと・・問題はあの二人だ。あいつらただの格闘家じゃないな。」

モンターニャ「殺しが生活の一部になってるな。いわば殺しのプロだな。うん。」

キモ「餅は餅屋」

 

f:id:akigawaryuu:20170326125207j:plain

 

 

タイソン「へっ 少しは楽しめそうなのが出てきたな。おいイノキ、あいつらはオレがやる。おめえは手出すなよ。」

イノキ「へい」

 

 

一方曙陣営、

曙「じゃあ、手はずはいつも通りで。行くぞ」

モンターニャ&キモ「ラジャー」

 

f:id:akigawaryuu:20170326125232j:plain

 ドドドドドドド!!

曙がいきなり突進していく。

「おう!?」

200キロもの巨漢の突進にさすがのタイソンも面食らう。

「ぶひいいいいいいいいいいいい!!!」

バチン!!

曙の張り手がタイソンの顔面に炸裂!!!

しかし、ダメージを受けたのはむしろ曙のほうであった。殴った右手の指5本の全てが、よからぬ方向に曲がり、骨が外へとび出してしまっている。完全に曙の右手は壊れてしまった。

「ふひっ!?」

呆然と右手を見つめる曙

「効いたぜ」 

ヒュッ

今度はタイソンが反撃。

ドブオっ!!!!!

タイソンの左ボディブローが、曙の腹に打ち込まれた。

 

その頃みやけんと谷川はろくに実況もせず、トランプで遊んでいた。

みやけん「ダウト」

谷川「げ」

 

次回、「第64代横綱の脅威」