読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変極店(格闘技・本紹介・お笑い・勇気の出る名言・釣等取扱店)

明日にはクビになりそうなどん底ADHD式アル中サラリーマンの変極、いざ!

マイク・タイソン戦記No.3「谷川Pとは」

格闘技 漫画

 

前回までのあらすじ

 

マイクタイソン戦記No.1プロローグ

ヒクソン、タイソン、猪木、カレリン、塩田、木村、倍達、千代の富士、シカティック、ジョシュら、伝説の格闘家集結!!」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/12/093159

 

マイクタイソン戦記No.2「猪木&タイソンvsK‐1JAPAN勢の激突」

http://akigawaryuu.hatenablog.com/entry/2017/03/12/094424

 

マイク・タイソン戦記

No.3「谷川、立つ!!」

 

「くっくっくっ、お呼びですかな?」

そう言った男は、他でもないダニガワであった。

 

「そんなとこにいやがったか・・」

 

「一体どういうつもりですか。いきなりリングに乱入し、トーナメント出場者を皆殺しにするなんて。いくらあなた方でも許しがたい行為ですよ。

イノキさん、そしてタイソンさん」

 

「!!・・・・へっ、気づいてたか」

黒人はそう言うと、覆面をとった。顎長もそれにつづく。

どわあああああああああああああああああああ!!!!

その瞬間会場は大歓声が響き渡る。半ば伝説と化しつつあるタイソンとイノキがリング上にいるのだ。当然といえば当然のことだ。

 

みやけんアナ「なんとおおおおおおおおお!!!史上最強ボクサータイソンと燃える闘魂イノキがKのリングに登場だああああああああ!!!!」

 

イーノキ!!イーノキ!!

ターイソン!!ターイソン!!

 

 

もう観客は先ほどのJAPAN勢の死などまったく覚えていない。ファンとは残酷なものだ。

 

タイソン「よく正体がわかったな。」

 

ダニガワ「そりゃわかりますよ。JAPAN勢をジャブだけで葬ることができる格闘家なんて

モハメド・アリかあなたくらいのものでしょう。ところで、何の用ですか?K-1 GP開幕戦に出たいのなら見当しますけど・・。しかし、皆殺しはいただけませんね。まあ、私もいつまでたっても世界の壁を越えられないJAPAN勢に、いいかげん嫌気がさしていたので、皆殺しにしていただいたことを、むしろ感謝したいくらなのですが。」

 

イノキ「下衆が・・。てめえ、ファイターの命を何だと思ってやがる!

やっぱり貴様はK-1に・・いや、格闘技界全体にとって有害だ。よって始末する。

大人しく捕縛されな」

 

ダニガワ「だまらっしゃい!!私はK-1を世に知らしめるために、やるべきことをやったまでだ!だのに何故?何故始末されなければならないんだ!!曙VSサップがどれほどの視聴率をとったと思ってるんだ!?」

 

タイソン「うるせー!!てめえが曙やら角田やらビーンを試合に出すせいで、真の実力者が活躍の場をうばわれてんだ。そして、昔ながらのK-1ファンを失意のどん底に叩き落した。挙句の果てには総合まで始めやがって。選手が分散して見たいカードが見れなくなったじゃねえか。オレはシウバVSバンナ、KIDVS五味とか見たいんだよ!!!どうしてくれるんだ!!それだけじゃねえ。ほかにもヤオ判定や反則攻撃の横行。あげればキリがないぜ。よって死刑!!!」

 

ダニガワ「バカどもめが!!よくも私をこけにしたな!!!もう生きてこのリングから出られると思うなよ!!野郎どもであえー!!」

 

タイソン「!?」

 

ぷしゅううううううううううう

青コーナーの入場ゲートが開いた。そこから現れたのは曙(第六十四代横綱)、キモ(金網の怪人)、モンターニャ(アマゾンが生んだ大巨人)であった。

彼らは通称“谷川モンスター軍”とよばれるダニガワの親衛隊である。

 

ダニガワ「うははは!!!びびったか!?たじろいだか!?

さあモンスター軍よ、あの無法者どもを血祭りに上げるのじゃ!!!」

 

みやけん「さあ、谷川モンスター軍リングインです!!一体どうなる今年のJAPAN GP!!」

 

次回 タイソンvs曙!!ボクシング3団体統一世界王者vs第64代横綱の死闘!!!

f:id:akigawaryuu:20170319151205p:plainf:id:akigawaryuu:20170319151219p:plainf:id:akigawaryuu:20170319151240p:plain

 

 

 

 

愚地独歩は操作系能力者であることが判明!!

漫画

 

た・・・大変だあああああああああああああああああああああ!!

 

あの愚地独歩が操作系能力者であることが判明したぞ!

 

愚地独歩(操作系能力者)

琉球空手伝統の技法「コツカケ(神の左金玉 悪魔の右金玉)」で睾丸の位置を自在に操作することができる。なお、移動させた金玉は24時間以内に元の位置に戻さないと消滅してしまう

 

f:id:akigawaryuu:20170319145041j:plain

 

 

 

 

苦しい時にやる気が出る言葉 故岡崎律子(シンガーソングライター)のブログや歌詞より一部抜粋

勇気の出る言霊

「必ず、心は持ち直す。この辺のことを、私はいつも言いたがっているのじゃないかと思ってます。」

 

 

「ふっとテンションが下がる”谷間”の1日があると、やるべき事は山ほどあるのに、どれから手をつけていいかわからなくなってあせるばかりで、時々「落ちついて、落ちついて」と唱えています。でも、結局は目の前の事に集中して、ひとつずつ作り上げていくことだ。」

 

「でも、やっぱり一番大きな岐路は、学生から社会人になる辺りかな、と思います。
 未知の世界への入口で、まず、思いがけないほどの試練にぶちあたるし、そこを突破したらしたで、新しい場所には、高揚させるものも消沈させるものも、いっぱい。 敏感な人は感じとる事も多いだろうし、とかく考えにとらわれて、、身動きできなくなったりするかもしれません。
でも、このことだけは、ちょっと耳打ちしたい気がする。」

 ‟絶対に“今”をなげないでね” そうすると”次“が見えてくるので。

 ぬけだすと、ああ!と実感をもって、その時にいろいろと知るんです。
 自分の頭の中だけで“大変さ”を増長させていたなあ、とか、”明日“には無限の可能性があるってことをすっかり忘れちゃってたなあ、とか、そういうこと。

 いつでもが途中だし、未来に向かっているのだし、

 ここはひとつ逃げないでファイトね、と思ってます。」

 

 

「自殺の報道を聞いて、いろんな思いがうず巻く。追いつめられた時こそ、「その事」だけが全てではないこと、「今」はいずれ変わっていくことを思い出して、と思う。 自分にも肝に銘じる。未来への道を自分で絶ってはだめ。」

 

「プクプクプクプク プクプクプクプク……ぷはーっ!!  と、これは深ーい海の底からやっと水面に出てきた音。

年明けの1月4日からずーっと、記録的にストイックな苦しい毎日を過ごしていました。ほとんど人にも会わず、外出も最小限。途中、何度も“あ~、どうしたらいいの?!”と、出口のない思いで死にそうだったけれど、15日夜、ついに脱出。‘99年の年末に提出してあった曲が先方のリクエストと少し違っていて、新しく作り直すことになったのです。 もう、穴のあくほど参考図書(?)も読みつくし、その世界に入ってあれこれ想いをめぐらすのだけれど、出ない。出ない。出ない。 夜もおちおち寝ていられないし、おなかすいてもいないのにパクパク食べてるし…。

  ――でも、出た。 逃げ出すな、あきらめるな、今は結果の手前の頑張りどころなのだ、この苦しみの長さこそ完成の歓びの大きさだぁ―!!

 とかなんとか、まるでその曲の世界そのままを自分に言い聞かせ続けていたのが、今思うととても可笑しい。フッ」

 

「〆切りをいくつかもらって、必要以上に動揺していた忍耐の日々。
作詞の紙の隅っこに、明日から、別の人間になろう(どうやって?!)”“こころを澄ましてなんて書いてある。
フッ。苦しかったんだな。
大丈夫!だなんて、根拠のない自分への励ましのセリフが、泣かせる。」

 

フルーツバスケットの歌詞より

~例えば苦しい今日だとしても いつか温かな思い出になる~

 

Lifeの歌詞より

~神様助けにきて 苦しくてもういやだ

逃げ出したいけど それはできない

もう少しだ頑張れ 何度もそう言いきかせて

ここまで来たけれど

 

こんないい朝でも 憂鬱の虫が目を覚ます

すれ違いざま「おはよう」も ちょっと無理をした

 

そうよ 誰にも言わないこと ひとつやふたつあるね

つらいからこそ 笑う時もある

それはみんなそうかも 私だけじゃないかも

ひたむきに生きている

 

希望をこめて言うよ ぬけだせる日は来るよ

立ち止まらず歩いていればね

問題はいつもある 胸をうずまいている

それでも生きている~

 

 

「私にはこの夏、ちょっと大きな出来事があったので、"ものの見方"はまた少し変わったのじゃないかと思う。でも、何の仕事でもきっとそうだと思うけど、音楽を作るコトも、誠実に素直に、クオリティーの高いものを目指すこと。もう、これに尽きると思います。で、なによりも、自分がオープンになるってことかナァ。そして、やっぱり"作る"のではなく、"生まれてくる"ものを私は詞に曲にしていきたいナと、あらためて今、すごく思っています。

やる事がいくらいっぱいあっても、

一度に出来るのはひとつの事だからね。

目の前のひとつに全力を傾けて、毎日、一瞬一瞬のかけがえなさを思いながら、大切に仕上げていこうと思います。そして、のびのびと歌いたい。」

                                    以上

 

この人、胃ガンで44歳で亡くなったのね。最後のコメントの「この夏、大きな出来事があった」というのが、おそらくガン発覚だったんだろうな。何でこんな温かいこといえる人が早死にしてしまうんだろう。ビートたけし逸見政孝氏が亡くなった時にコメントしてたけど、やっぱり‟いい人”をするってことは、体に負担がかかるんだろうね

 

 

 

 

 

 

 

 

神回!! 3月12日の松本家の休日

お笑い

舞台は新今宮~新世界

凄まじかった。

f:id:akigawaryuu:20170312100033p:plain

 

 

昔のダウンタウンの写真の浜田を見て

松本「2,000円でなんでもする奴やん」

 

小鹿見つけたチーター風のおっさん

 

住んでるマンションのエレベーターに糞がたまにあるのに

「住み良い」と答えた女性の無垢な表情

 

何分丈か分からないズボン履いて、しかも腕骨折してる511号室の男「何でそんな恰好してるの?」

松本「こっちが聞きたいですよ(笑)」

 

 

フルーツコウモリ似の中華料理屋「香港」の店主

 

久々に笑いまくった。昨日放送されたばかりだけどもう3回くらい見直したわ

 

新今宮はやっぱりすごいな~

絶対値が違うわ(笑)。それも桁違いだね

あのエリアは俺も何度か行ったけど、確かに時が止まってる

完全に一昔前のノリだもの

街並みも 人々も

一昔前の浅草かな

 

いいな~、久しぶりに行ってみたくなった

香港の餃子うまそうだったな。甘みのある餃子なんだって

 

f:id:akigawaryuu:20170312100132p:plain

f:id:akigawaryuu:20170312100225p:plain

 

 

タイソン&猪木vsK-1 JAPAN勢の激突

小説 漫画 格闘技

 

タイソン戦記 No.2

K-1 JAPAN GRANPRIX編

  

No.1「K-1 JAPAN勢の最後」

 

 

その3ヵ月後

埼玉スーパーアリーナでは、K-1 JAPAN トーナメントが開催されようとしていた。選手入場!今回の出場者の武蔵、中迫、天田、藤本、ノブハヤシ、堀啓、富平、子安らが一同にリングに上がり、閉会式が始まろうとしたそのとき、突然覆面をかぶりスーツを着た二人の男がリングに上がった。一人はどうやら黒人のようで、身長は約180cmくらい、手にはグローブが装着されている。もう一人はアジア系の肌色をしているが身長は2m近い。しかし、より特筆すべきは、その顎の異形ぶりだ。あまりの長さゆえ覆面をぶちぬいて飛び出している。

 

 

武蔵「なんだこいつら」

 

中迫「おい、選手以外は入ってくるな」

 

不審に思ったJAPAN勢が二人の覆面男に詰め寄る。

 

すると黒人が口を開いた

「皆様ようこそお集まりいただきました。それでは堅苦しい挨拶はぬきにして

くたばるといいね」

f:id:akigawaryuu:20170312093913p:plain

 

JAPAN勢一同「!!??」

 

ジャブマシンガン!!!

 

ドドドドドドドドドドドオオオオオオオオオオーーーー!!!!

 

 

ノブ「ぎゃあああああああああああああああ!!!」

富平「うああああああああああああああ!!!」

子安「あひいいいいいいいいいい!!!!」

 

黒人の放ったジャブの弾幕により、一瞬にしてノブハヤシ、富平、堀啓、子安、藤本らが

蜂の巣状態になり、そしてバラバラに砕け散った。リング上がみるみる血に染まっていく。もちろん彼らは即死である。

 

武蔵「サコ!ヒロミ!俺の背後にふせろ!!!俺のディフェンステクニックなら・・」

ドパァッ!!!

「がはっ!!」

武蔵のガードはまったく通用しなかった。

(こいつもストライカー系能力者!?世界一ともいえる俺のディフェンスを貫通し

さらに致命傷を・・!!ジャブのたかが一発一発がなんて威力!!)

ぎ・・いやあああああああああああああ!!!

f:id:akigawaryuu:20170312094245p:plain

 

「武蔵ぃ~~~~~!!!」

親友の中迫が叫ぶ!!

「逃・・げろ!!」

武蔵もジャブに砕かれ無残なバラバラ死体となって四方八方に飛び散った。

「くっ!!ちくしょう!!」

武蔵の死を無駄にするわけにはいけない。中迫と天田はリング外に逃げようとする。

が、しかし

「待てぃ!!」

「!?」

顎長の男が中迫に後ろから組み付いてきた。

「逃げたところでどうなるものか。危ぶむなかれ。迷わず逝けよ、逝けば分かるさ!

アリガトー!!」

顎長はどこかで聞いたことのある名言を言い終えると、そのままバックドロップに興じる。

「ダアアアアア!!!」

グシャア!!

中迫は後頭部を強打。受身を知らないK-1ファイターはこの手のプロレス技に至極もろい。もちろん彼は即死である。

 

「てめえ!!」

最後の一人天田が怒り任せに殴りかかる。かなわないのは分かっている。しかし、仲間を皆殺しにされたのだ。黙って逃げるわけにはいかない!!

 

「バカヤロー!!!元気がないからセフォーにも、マクドナルドにも勝てないんだ!!」

バシン!!

顎長のビンタが天田の頬をとらえる!!

 

天田「・・・・・?」 ブシュウウウウウウ

 

天田の首から上が観客席にとんでいった。

それを運よくキャッチしたのは、偶然今大会を見に来てたよゐこの濱口であった。

誇らしげ天田の首をかかげ、いつものように

「とったど~~!!」と叫ぶ。

 

「殺ったど~!!」

顎長も濱口に共鳴したのかリングの上で叫んだ。

たった二人の覆面男たちの手によって、JAPAN勢は全滅してしまった。それも一分足らずの出来事である。信じられない光景に観衆は言葉を失う。なかには失禁したり、うんこをもらしているものまでいた。

 

黒人「いや~あっけねぇ、あっけねぇ。」

 

顎長「お・・まだ息のあるやつがいるよ」

 

それはカクダレフリーであった。彼もリング上にいたため、巻き添えをくったのだ。

かろうじで息があるが全身傷だらけで、血の池に伏している。

 

「てめぇら・・何もんだ?・・まあいい・・誰であろうと・・皆殺しだ!!

FEGが必ず!!てめらとその家族を残らず陵辱し!!切り刻み!!地獄の苦しみを味あわせ・・・」

 

ドドドドド!

 

レフリーとは思えない下品な言葉遣いに怒りを覚えた黒人は、例によってジャブマシンガンを浴びせる!!

「うぎゃああああああああ」   

悶絶するカクダ。しかし、まだ死んではいない。

「ちっ、まだ生きてやがる。さすが一度引退したくせに、空気も読まずに現役復帰しただけのことはある。見事な死に損ないっぷりだぜ。だがな・・」

「おい!殺すなよ。こいつはK-1にヤオ判定を横行させたカクダ競技統括部長だ。団長が直々殺したいと言ってたから、生け捕りにするよ。」

とどめを刺そうとした黒人を、顎長が制止した。

「わかってるよ。だが本命はこいつじゃねえだろう?」

「おうよ、本命は・・・K-1の純度を大暴落させた超本人・・・・その名はダニガワ!!!出てこいやああ!!!」

すると、突然実況席に座っていたジャガイモ風の男が立ち上がった。

 

 

 

タイソン、猪木、ヒクソン、カレリン、塩田、木村、倍達、千代の富士、シカティック、ジョシュの共演

小説 漫画 格闘技

2006年頃書いた会話小説

 マイクタイソン戦記 No.1

 

プロローグ

 

 ザッ

 

町を目指して荒野をゆく4人の格闘家ありき

 

イノキ「メンバー全員が一同に会するなんて、何年ぶりだっけかなあ」

 

マスタツ「シオダの爺っちゃんよ・・・ジョシュの野郎は、今日はちゃんとくるんだろうな」

 

シオダ「知らんよ  わしゃ来いと伝えただけじゃ」

 

チヨノフジ「僕ジョシュ嫌いだよ。なぜヒクソン団長はあいつのワガママ許すの?」

 

イノキ「腕がいいからだろう?あいつのキャッチレスリングはよくできてる。ありゃやりづれぇぜ正味な話」

 

マスタツ「買いかぶりだ。大したことねよ、あんな奴」

 

イノキ「まあ、口だけなら何とでもいえるからな」

 

 

ヒュオオオオ  風が吹いた

 

カッ

 

マスタツが正拳を放つ。それを片手で止めるイノキ。かくして二人の殴り合い(じゃれあい)が始まった。しかし、チヨノフジとシオダは、それを完全に無視して先をゆく。

 

チヨノフジ「ヒクソン、一体何する気だろ」

 

シオダ「そりゃ、わしら戦闘集団。格闘家殺すに決まっとる」

 

チヨノフジ「どこ狙うと思う?僕はK-1 JAPAN勢全般だと思う。ヒクソンは判定試合嫌いだし。」

 

シオダ「違うな。きっとHERO'sじゃ。これ世界一うざい総合格闘技の団体らしいね。興味あるぞい」

 

チヨノフジ「でも、所詮K-1が関わっているんだから、ろくな大会じゃないでしょう?」

シオダ「ま、行ってみたらわかるじゃろうて」

 

 

 

ヒクソン「全部だ。K-1関係の選手 皆殺しだ」

 

そこは、とある廃墟と化した工場の中。10人の格闘家が集結し会議を開いていた。

そのメンバーたるやドエライ顔ぶれである。

司会を務める団長のヒクソン(400戦無敗)を筆頭に

タイソン(ボクシングWBCWBAIBF統一王者)

カレリン(レスリング130キロ級五輪3連覇)

シオダ(実戦合気道総元山)

マスタツ(極真空手創始者)

イノキ(燃える闘魂

キムラ(生涯無敗史上最強の柔道家

チヨノフジ(第58代横綱

シカティック(K-1 GP初代王者)

ジョシュ(世界をかけるベルトコレクター)

 

もし格闘技マニアがその場に居合わせたら、感動のあまり失神するかもしれない。

彼らは「格闘探偵団」と呼ばれる戦闘集団である。どの団体にも属さず、ただひたすら真の最強を目指して戦い続けている。

余談だがたまに慈善活動もする。

 

タイソン「本気かよ団長!K-1は、ありとあらゆる格闘技団体とつながっている。手ぇ出したら世の中の格闘家全部を敵に回すことになるんだぜ!!団長!!!」

 

ヒクソン「・・怖いのか?」

 

タイソン「うれしいんだよ!!命じてくれヒクソン、今すぐ!!」

 

ヒクソン「俺が許す。殺せ。邪魔するやつは残らずな」

 

タイソン「おお!!!!!!!」

f:id:akigawaryuu:20170312092156p:plain

それ町 最終巻 完璧

漫画

f:id:akigawaryuu:20170312090027p:plain

 

終わってしまった

派手なホームランとか一切ない作品なのに、何故か結局全巻買ってしまった不思議な作品。

読んでるとどこか懐かしくてね いい作品だった

最終話の終わり方はインパクトオチ重視でう~むと思ったけど

エピローグは完璧だったね。見事の一言。これ以上はない

 

f:id:akigawaryuu:20170312085954p:plain

 

ちなみに、同作者の「ネムルバカ」も面白い

少し自堕落で日々くすぶっている人は絶対ハマることうけあい

古い作品なのに未だに時々ミニストップとかに置いてあってびっくり

 

f:id:akigawaryuu:20170312090725j:plain